念入りなケアが美肌作りに欠かせない|ほうれい線は美容液で撃退

婦人

肌への効果

ファンデーション

多機能な使い方

ファンデーションの効果を高めるにも、併用したいのがBB機能をもつ化粧下地です。密着度や化粧持ちが劇的にアップさせられます。一般的にはコントロールカラーを含む化粧下地が流通していますが、日焼け止め、毛穴隠しや色ムラなどもベースメイクで施す内容です。日焼け止めやコンシーラーなど、重ねづけによってスジムラができてしまい、その後のファンデーションの仕上がりも悪くなりがちです。おすすめの化粧下地には、こうしたステップを1つにまとめた多機能がポイントになっています。コンシーラー効果で、肌のオウトツもなめらかに魅せられ、くすみレスで期待以上に若々しい肌づくりも可能です。1本化でメイクの時短にも繋がるので、子育て中のママや朝にバタバタする女性の身支度にも活用されています。また、ファンデーションを塗るとシワが目立つ、そう感じる場合におすすめなのが保湿力の高い化粧下地です。肌に潤いの層をつくることで、気になる溝がなだらかになる上、肌もワントーンアップさせられる点も魅力の1つです。美白化粧下地であれば、シミ・ソバカスの影まで隠すこともでき、おすすめの使い方です。その他、微粒子ラメパウダーが配合されているタイプを選ぶことにより、光の乱反射による効果で毛穴を埋めるのではなく、消す役割に変化させられます。どの下地も、選ぶ上で重要なのは白浮きしないことで、おすすめは透明なタイプの下地クリームで、ひと手間加えるメイク法に活用したい選び方です。